森のようちえんとは

森の幼稚園とは

北欧に多く存在する森のようちえん
日本においても幼児期における自然体験活動が
心身の発達に良い影響を与えるという考えのもと
保育者や野外活動指導者による活動が広く行われています。
森のようちえんには、様々なスタイルがあります。
ドイツの森のようちえんは園舎を持たず、毎日森へ出かけていくスタイルです。
日本では自然環境の中での幼児教育や保育を、森のようちえんと呼びそのスタイルは様々です。
園舎を持つようちえんも、園舎を持たないようちえんもあります。
スタイルはいろいろありますが、共通しているのは自然の環境の中での幼児教育と保育です。
そして多くの森のようちえんは、意図的に大人の考えや考え方を強要せず、
子どもが持っている感覚や感性を信じ、そして引き出すようなかかわり方をしています。

大切にしたいこと

img01自然はともだち
自然の中で、子ども、親、保育者が共に育ちあうこと自然の営みに合わせるということ

自然を感じる
自然の中でたくさんの不思議と出会い、豊かな完成を育む

いっぱい遊ぶ
自然の中で、仲間と遊び、心と体のバランスのとれた発達を促す

自分で考える
子ども力を信じ、子ども自身で考え行動できる雰囲気を作る




五感を使う

森のようちえんで養われること

森の中での遊びは危険がつきものです。
子どもたちは体をつかって自分の限界を学びます。
また、その限界を乗り越えたときの喜びは、自分に対する大きな自信となります。
想像力、身体能力、精神と体のバランス、社会性が同時に養われるのです。
四季の移り変わりを体で感じることができるのも森のようちえんの特色です。

五感による自然体験

森のようちえんは、子どもたちが五感を使って自然を体験すること、
そしてそのためのプログラムの柔軟性を重視しています。
「五感による自然体験」は、
環境教育においてもっとも重要だとされる過程のひとつです。
子どもたちは、物事を理解する前に、まず見たり触ったり五感を使って体験します。
そうした中、自然にでてくる興味や疑問が、
後々のしっかりとした理解につながるのです。
「小さいころに五感を使って学んだことは大人になってからも忘れない」。
『森のようちえん』は、幼児という最年少層に、
五感を使って自然を体験する場を提供し、
自然の魅力をアピールする絶好のチャンスなのです。

理念

【理念】

地域の自然体験を通し、人生を豊かに生き抜く人間力の素地を養う。

【テーマ】

ロハス=自然とともに健康に生きる、心豊かなライフスタイルの土台をつくる。

【教育方針】

1、里山の自然を活かし「共に生きる力」を養う体験的な活動を基軸にした保育を行います。森、山、水辺などでの心と体をいっぱい使う遊びや活動を行います。
2、子どもたちが自ら興味関心を持てるように、見守り・待つことを尊重します。子どもたちが感じ自ら行動し、そして自ら考えるようにします。
3、成長のための挑戦と失敗ができる環境を作り、育みます。子ども達も保育者も勇気をもって挑戦する姿勢を大切にします。
4、「親しき仲にも礼儀あり」人としての一般的な礼を尊重した保育を行います。挨拶や、時間を守ることなどが自ら行えるようにします。
5、保育者・保護者が協力し、園を開かれたより良いものにします。たくさんの愛情に包まれた時間と場にしていきます。

【教育目標】

自然とともに健康に生きるための、基本的な心構え・知恵・習慣や文化を体験しながら、人と自然、人と人、人と物とのつながりの中でそれぞれの存在価値を感じてもらいたい。
愛情豊かな自然と熱意ある大人たちと触れる中で、自然や人を大切に出来る自分を好きになってもらう。

【Akiha森のようちえん】

Akiha森のようちえんの特徴はなんといっても、園舎が秋葉山ということです。 上を見上げれば、大きな空が見え、寝転べば、大地が子どもたちを包みこんでくれる。
そんな自然の中での保育がAkiha森のようちえんです。
森の園舎は空の天上と、大地の床、林の壁でできている・・・
そんな素晴らしいことを話していらっしゃる方もいます。
この自然多い秋葉山の中で、子どもたちがどんな出会いをして、遊ぶのか?どんなことを考えて、学んでいくのか?
私たち保育者も見守ることが喜びです。
スポンジのように吸収力抜群の子どもたちが自然をありのまま感じ、
手と足をそして全身で冒険していく保育をAkiha 森のようちえんで行っていきたいと思っています。
安心、安全、快適はAkiha森のようちえんにはないかもしれません。不便で、危険や恐怖に出会うことだってあると思います。
でも、私たち人間も本来は自然の一部。自然の中で、好奇心が生まれ、創造力が育まれ、
子ども達が自然の中で、見たり、聴いたり、触ったり、匂いをかいだり、味わったり・・・
と五感を使って体験する、
その素晴らしい出会いの一瞬一瞬を大切に子どもたちを見守っていきます。
私たち人間に必要な「生きる力」を養う場所が自然というフィールドの中にはたくさんあります。
自然の中で過ごす体験・経験が子ども達のその後の人生の、貴重な財産となっていくと私たちは考えています。

【子どもの遊びのなかにあるもの・・・】

子どもの遊びに無駄はありません。子どもは遊びの中でルールを知り、友達と楽しく過ごす方法を学びます。
例えば、子どもたちが大好きなかくれんぼ。
このかくれんぼの中には、鬼に見つからないように、どこに隠れようか?という考える力。見つからないように動かない、我慢するという集中力。
一見、大人にしてみればただのかくれんぼかもしれませんが子どもたちにとっては立派な遊びの中での教育になっているのです。
自然の中にある木の実、枝、草花、大人にはどこにでもあるものであっても子どもにとっては大切な宝物です。
ドングリを拾って工作すれば、もうこれはただの山に落ちている物ではなくなるのです。
子どもにとっては立派な教材です。自然は遊具と教材の宝庫なのです。
人間は自然の中で暮らしてきたのだから、自然と向き合いコミュニケーションできた時に喜びを感じる本能が残っているのかもしれません。
自然の中には子どもが「~してみたい」と思う環境が沢山あります。
思いっきり遊んで体を動かすことで、感性豊かな心と体が育まれます。

【自然の中での保育の効果】

多様な自然環境の中で活動し、行動することで身体へ直接の刺激が与えられ、
歩く・走る・登る・飛び降りる・ぶら下がるなどの様々な見のこなしが充実します。
体を思いっきり使うと、良く食べて、よく寝るようになります。生活リズムが自然と出来上っていきます。
行動の積み重ねが身体の発達に影響し均整のとれた体格を得るまでになります。
自然の中での活動を通して、子どもたちは自然の様々な事象やそこにある動植物との出会い、自然に対する認識を深めます。
自然の中に出ることで様々な自然事象に出会い、子どもたちが興味をしめすことが多様になります。

子どもの育つ場はその地域にあります。生まれ育つ場でその地域の良さを実感し、
取り巻く人々の温かな愛情の中で自分らしく、
一人ひとりが大切に育てられることが大切です。
ふるさとを愛し、人を信じ、自らも豊かに愛する人になるためには、
幼い時代に沢山の体験をすることが必要です。